CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
たい焼き器KTY-720
たい焼き器KTY-720 (JUGEMレビュー »)

これは本当に便利です。1度に2枚づつしか焼けませんが、割とすぐに焼きあがります。家族でワイワイ楽しく作れますよ(^O^)/
RECOMMEND
ごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選
ごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選 (JUGEMレビュー »)
栗原 はるみ
たまに参考にしています。オーソドックスでありながらヒントにあふれた1冊です。
RECOMMEND
パール金属  エコクッカー 3層底 片手圧力鍋 3.5L H-5142
パール金属 エコクッカー 3層底 片手圧力鍋 3.5L H-5142 (JUGEMレビュー »)

これは本当によく使っています。調理の時短に大活躍!おすすめです。
MOBILE
qrcode
<< 鶏肉のゴボウ巻き | main | アボカドサラダ >>
筑前煮
JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

筑前煮

こちらは我が家の定番、筑前煮です。お正月にも必ず作りますが、普段も定期的に作ります。
以前は普通に鍋で作っていましたが、最近は圧力なべで時短調理しています♪

では作り方説明です。

材料(だいたい6人分)
鶏もも肉   : 1枚
たけのこの水煮: 1つ
干しシイタケ : 6〜8枚
角こんにゃく : 1枚
ニンジン   : 1本
ゴボウ    : 1本
しょうゆ   : お玉で1つ
みりん    : お玉で1つ
ごま油    : 適宜
  1. 最初は目の晩から。干しシイタケを少量の水で、一晩かけて戻します。(大目に水を入れて2時間ぐらいで戻すよりも絶対おいしいです)
  2. 次の日、調理開始。まず角こんにゃくは丸ごとお湯で2〜3分にて、適当にちぎります。
  3. 干ししいたけはいしづきをとって2つまたは4つに切ります。(大きさ次第)
  4. ニンジンとゴボウは乱切りに。鶏肉も同じぐらいの大きさに切ります。
  5. 圧力鍋にごま油を入れて熱し、鶏肉を炒めます。全体白くなったらほかのすべての材料を入れ、さらに炒めます。
  6. 全体に油が回ったら、水を適宜入れ、干しシイタケの戻し汁もあれば入れます。このときの水の「適宜」については、圧力なべの場合、水分の蒸発が少なく、水っぽくなりがちなので、材料の量に対して「ひたひた」では多すぎます。「ひたひた」の半分程度で大丈夫。
  7. 調味料を入れます。醤油とみりんをお玉で1つづつぐらい。
  8. 圧力鍋のふたを閉めます。高圧で加圧状態になったら10分加圧。
  9. 10分後火を止め、30分ぐらい放置して圧力が自然に減圧したらふたをあけ、10分ぐらい強火で煮詰めます。
  10. 汁っぽさがなくなったら、完成です。

おいしさのポイントは、私の場合「みりん」です。
あまり材料にこだわるほうではないのですが、醤油とみりんだけで基本的な味付けをするときには、やっぱりみりん風調味料だとあまりおいしく感じられません。「本みりん」がお勧めです(^O^)/
| 作り置きメニュー・常備菜 | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cook.common-mama.com/trackback/6
トラックバック