CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
たい焼き器KTY-720
たい焼き器KTY-720 (JUGEMレビュー »)

これは本当に便利です。1度に2枚づつしか焼けませんが、割とすぐに焼きあがります。家族でワイワイ楽しく作れますよ(^O^)/
RECOMMEND
ごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選
ごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選 (JUGEMレビュー »)
栗原 はるみ
たまに参考にしています。オーソドックスでありながらヒントにあふれた1冊です。
RECOMMEND
パール金属  エコクッカー 3層底 片手圧力鍋 3.5L H-5142
パール金属 エコクッカー 3層底 片手圧力鍋 3.5L H-5142 (JUGEMレビュー »)

これは本当によく使っています。調理の時短に大活躍!おすすめです。
MOBILE
qrcode
<< 鶏がらスープ | main | 鶏がらチャーハン >>
大豆のポン酢漬け
JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ



もし乾燥大豆がある時には、ある程度の量をまとめて戻し、水煮大豆を作ってしまいます。
ふっくらつややかな水煮大豆にしてしまえば、後はいろいろなお料理に使えます。

サラダもよし、トマトスープに入れて煮込むのもよし、和風のお味で煮ておくのもよしです。

今日は何となくほったらかしにしていた缶の中に、大豆が結構たくさん残っていることに気がついたので(*_*;
水煮大豆をたくさん作りました。それで半分は五目大豆に使い、半分は超簡単でおいしいポン酢漬けにしました。

ポン酢漬けは、よく健康メニューとして紹介されるような「酢大豆」と言えば酢大豆なのですが、調味料を合わせる必要がない市販のポン酢を利用することで、おいしいポン酢がしみこんで翌日には、さっぱりとおいしくいただけます。
お弁当の隙間うめにも重宝する1品ですし、タッパーに入れて、冷蔵庫に常備しておけます。大豆+お酢の相乗効果でとても体に良い気がするメニューです。



水煮大豆がまだ熱いうちにポン酢につけるほうが、よく味がしみ込んでおいしくなるような気がします。
では、ポン酢漬けの作り方説明です。圧力なべで作る水煮大豆の作り方も兼ねていますのでご参考にしてください。

材料(量はどのぐらいでも大丈夫です。)
乾燥大豆: カップ2を基本としつつ、もっと多くても少なくても大丈夫です。
水 : 乾燥大豆がたっぷり隠れるぐらいの量

■ポン酢漬けの調味料
ポン酢 : 50mℓぐらい。あとはお味をみつつ適宜
  1. 大豆の準備は前の晩から。大豆は洗って圧力鍋に入れ、たっぷりとかぶるぐらいの水を入れ、一晩そのまま置く。
  2. 翌日、鍋の中で給水させる間に、はがれて浮いている薄皮や、浮いている大豆があれば取り除き、鍋のふたをしないで火にかける。
  3. 煮たってくると白い泡がたくさん出てきます。不要物やあくなので、お玉でせっせととり、泡が一段落したら圧力なべのふたをします。
  4. 高圧の加圧状態になったら火をすぐ止め、30秒ぐらい置いてすぐ減圧します。
  5. 圧力なべのふたをとり、一つ食べてみます。ちょうど良ければそれでOK。もう一息だったら一度大豆をざるにあけ、新しい水と大豆を入れてふたを閉め、火にかけます。
  6. 鍋が高圧の加圧状態になったら、またすぐ火を止め、30秒ぐらい置いてすぐ減圧します。
  7. ふたを開け、食べてみてちょうど良ければ水煮は完成。固かったらまた上記の手順を繰り返します。(大豆の品種により、多少煮え方に差がありますが、だいたい2回繰り返すとちょうどよい固さになることが多いです)
  8. 水煮大豆ができたら、まだ熱いうちにタッパーに入れ、ポン酢を回しかけます。
  9. たまに混ぜながら漬け込み、翌日からおいしく食べられます(^O^)/
豆の煮える速さは、豆の種類により大きく異なります。大豆は比較的早く煮える豆なので、くれぐれも煮すぎないよう、様子を見ながら加圧しましょう。

目安としては黒豆が加圧20分で軟らかくなるのに対し、大豆は加圧1分以下ぐらいです。大豆はあくも多いので一度ざるにあけ、新しい水で煮ることもポイントです。
ぐずぐずになるとお料理に使いにくいので慎重に火を通します。
薄めのポン酢漬けにしておくと、サラダの具としても使えます。薄めにしたいときには、2回目の大豆の煮汁を少し混ぜます。(^O^)
| 作り置きメニュー・常備菜 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cook.common-mama.com/trackback/27
トラックバック